美味しい食べ物情報

いち早く情報をキャッチしよう♫

二日酔いにも効く、羽海野チカ「3月のライオン」 の「ラムネ菓子」 レシピ 作り方 グレーテルのかまど

   


「ハチミツとクローバー」で一躍ブームとなった漫画家・羽海野(うみの)チカ。手塚治虫マンガ大賞受賞作「3月のライオン」に登場する手作りのラムネ。その魅力とは?

「ハチミツとクローバー」で一躍ブームとなった漫画家・羽海野(うみの)チカ。幅広い世代に支持を得る、人気・実力を兼ね備える漫画家の一人。そんな彼女の作品「3月のライオン」に登場するのが、固形ラムネだ。家族を亡くした孤独なプロ棋士の男子高校生が、初めて友人を作るきっかけとなる重要なお菓子。作品を通して、幼い頃のお菓子作りの体験や家族との思い出を、羽海野チカ自身が語る。ラムネの手作りレシピも必見!

■羽海野(うみの)チカとは?

初連載作『ハチミツとクローバー』は2005年にアニメ化、2006年に映画化、2008年にはTVドラマ化され大ヒットし、自身の代表作となる。2003年には同作で第27回講談社漫画賞少女部門を受賞している。
2007年からは『3月のライオン』を連載開始。2010年、第1回ブクログ大賞マンガ部門、2011年にはマンガ大賞と第35回講談社漫画賞一般部門をそれぞれ受賞している。

羽海野チカといえば、漫画「ハチミツとクローバー」「3月のライオン」

■「3月のライオン」の中で、ラムネはこんな風に描かれています。

主人公は、中学生で将棋のプロになる才能を持つ、桐山零。
しかし、実生活は、幼い頃、事故で家族を亡くし、
学校や家でも冷たくされ、心を閉ざす。
それでも、なんとか人間関係を築こうと、もがく姿を見かねた担任教師が、放課後の理科クラブに誘います。
ラムネはそこで、実験のように作られた。

ラムネって 何で出来てるか 知ってますか?
え? あ いえ
ブドウ糖と でんぷんです
まずは 細かくくだいた ブドウ糖を
よくふるいにかけます
ビーカーに 片栗粉と ・・・水と
――で ブドウ糖に 少しずつ混ぜて・・・
もんでもんで ギュッっとして!!
ハイ 出来上がり
え!?
もう?

理科室で皆でラムネを作った後、その残りをノートの切れ端に包んで持って帰るのです。
いつもお世話になっている近所のお宅の子供たちにあげたら、喜ぶかな・・・と思って。

甘酸っぱいですね。手作りラムネ。

■「3月のライオン」に登場する「ラムネ」への思い

出典ameblo.jp

羽海野) はじめまして、羽海野チカです。なんか、
     零くんがお友達ができるシーンなんです
     けれども、みんなで何か一緒に食べると、
     こう親しい感じが出るかなあと思って、さら
     に一緒に作ったものだったらもっと、楽し
     い感じが出るかなあと思いました。

友達できるきっかけにと、ラムネを選んだのです。
しかも、手作りのラムネを。

出典ameblo.jp

作っていくうちに、零は理科クラブのメンバーと、
打ち解けていきます。

おお ホントだ ラムネだ スゴイ!
ラムネって こんな風にできてるんだ!
へーっ! へーっ! ほー

ページ: 1 2 3 4 5

 - Uncategorized